Hue Rain ドリームキャッチャー

dreamcatcher12

Hue Rainの販売はドリームキャッチャーから始まりました。

即興で図柄を編むHue Rainオリジナルのドリームキャッチャーはすべての作品が世界にたったひとつの存在です。

「無の空間」を編むことを意識して仕立てています。その理由は、空間も音楽もそうですが、続くものがフッと途切れた瞬間に心が入り込み、何かが宿り育つと思うから。

私はとにかく編み物が好きですが、特に円(サークル)状に編み進めていく過程は、私を穏やかに集中させてくれます。曼陀羅のように内から外へ広がっていく宇宙は、瞑想のように、楽譜のように、絵本のように物語を紡ぎます。

すべての命のこれからに希望を込めて。

silkworm

日本産絹糸(生成り・藍)を使用しています。

絹糸はパールのような光沢感や光を通す透け感が美しく、伸縮性もあり実はとても丈夫です。

蚕(カイコ)を飼育して、幼虫が成長していく姿、糸をたくさん吐いて小さくなっていく姿、繭の中で蛹になって眠るような姿、ふわふわの成虫になり卵を産んで死を迎える姿を見守りました。制作時に出る糸の端切れは瓶に集めて、最後まで大切に扱います。

bamboo_handwork
DSC_0576

輪っか(サークル)に竹を使用しています。

タイに住んでいたときに、星の数ほどのランタンを空に浮かべるコムローイ祭りを見ました。ランタンの骨組みは竹で作られていて、ドリームキャッチャーの輪っかに竹を利用するアイデアが浮かびました。

真っ直ぐに伸び、しなりも良く強い竹は、成長や繁栄のシンボルでもあります。
山からいただく青竹を、ひご状に整え、熱と水分を加えてゆっくり曲げて円にします。
イタリアに居を移してからはイタリアの山の竹を使用しています。アジアのものと違い細くて節が短いのが特徴です。

stone

天然石

ドリームキャッチャーには誕生石を含む14種類の天然石を使用しています。

小さなひと粒から大きな物語が始まることさえある石の不思議は私たちの日々を豊かにしてくれます。海外で石を選ぶときには直感を大切にしています。

ガーネット(1月) / アメジスト(2月) / アクアマリン(3月) / 水晶(4月) / 翡翠(5月) / パール(6月) / ルビーインゾイサイト(7月) / ペリドット(8月) / ラピスラズリ(9月) / ローズクォーツ(10月) / シトリン(11月) / ターコイズ(12月) / 瑪瑙 / ソーダライト